自動車なんでも相談所のご案内

第39回「自動車なんでも相談所」Q&A抜粋

Q:全然乗らずに、毎年税金だけ納めている状態の車があるので、一時抹消の手続きをしたい。
A:所有者の印鑑証明書(3ヶ月以内)、所有者の実印、車検証、ナンバープレートを持参し、管轄の運輸支局等へ申請して下さい。なお、住所変更等がある場合は住民票等が必要になります。
Q:東京に住所がある場合、神奈川県の自動車販売店で車を買って東京で登録はできますか。
A:できます。登録は住んでいるところの運輸支局や自動車検査登録事務所で行います。
Q:新車で販売してもリコール等が続くのはなぜですか。
A:人がつくっていることなので、100%はないかと思います。
Q:割安車検(1万円程度)という案内チラシを見るが、これで通常の車検が行われるのか不安です。普通の車検との違いを教えていただきたい。
A:現在は、点検を車検の後に行うことも認められていることから、チラシの金額では点検は行われていない可能性もあります。もし依頼をされるのであれば、説明を求めご納得されてから判断するのがよろしいかと思います。
Q:タクシーに乗車した際、ナビの誘導によりいつもと違う経路を運行し、通常より700円高い運賃を支払ったが、納得がいかない。
A:領収書により、確実な日付、事業者名などをタクシー協会へ説明し対応してもらって下さい。
Q:2月に75歳となるのですが、免許の更新手続きについてどの様にすれば良いですか。
A:更新の葉書が来ていると思いますので、内容を確認して下さい。75歳ですと教習所で、高齢者教習を受けることとなりますので、早めに手続きをして下さい。
Q:運転経歴証明書について、証明書類として使えるか教えてもらえますか。
A:金融機関等において本人確認書類として有効と定められています。
Q:中央線が白い実線の表示の場合、追い越しの為にはみ出しても良いのですか。
A:追い越しの為のはみ出しも認められません。
Q:自動ブレーキの規程はどの位の速度で作動するようになっていますか。また自動追尾装置の具体的基準はありますか。
A:現状では各メーカーで開発していますが、メーカーによる差はほとんどなく、大多数で最高速度30㎞/h以下の作動となっている様です。追尾装置については、各メーカーで研究を行っている状況で、現時点で具体的な基準はないと思います。